Top > RO全般 > 「オンラインゲームキャラ“誘拐”で書類送致」

2008.10.07

オンラインゲームキャラ“誘拐”で書類送致

オンラインゲームキャラ“誘拐”で書類送致
2008.10.7 05:04

 インターネットのオンラインゲームで、茨城県北茨城市の男性会社員(20)が
使用していたキャラクターを“誘拐”したとして、
県警は6日までに、不正アクセス禁止法違反の疑いで
調理師の男(21)=神奈川県藤沢市=を水戸地検に書類送致した。

どうも このオンラインゲームはROだったらしいです。
 
 “事件”の舞台となったのは、約250万人が利用している日本最大級のオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」。

 調べでは今年2月下旬、会社員のパスワードとIDを使ってゲームサイトに不正にアクセスした疑い。男は会社員が3年半かけて育てたキャラクター4つを自分のものにし、その後、消去した。キャラクターは最高レベル寸前だった。

 2人は中学時代の同級生で、同ゲーム仲間。男は「(会社員の)キャラクターがほしかった。トラブルがあったので腹いせにやった」などと供述していたという。
【関連記事】
【ネトゲ】 友人が3年半育てた“最強寸前のキャラ”を消去した男を書類送検


誘拐っていうのはなんていうか謎なんですけどw
アカハックというよりはアカ共有の末の
揉め事というニュアンスなのでしょうか?


パスワードの管理は個人でしっかりと

このケースは私怨によりピンポイントで狙われているので
パスワードの漏洩が個人間であったと推測されます

アカウント共有はアカウントハックへの入り口
共有しているとこはアクセスログをたどればすぐにわかりますし
共有している場合は故意にアカウントパスをもらし
アカウントハックを引き起こしたとして
運営側から共犯として訴えられてしまう可能性も!

まぁ、それは最悪な想定ですが
ハックにあっても補填されないことは明白です。

関連記事

Trackback URL


Comments

コメントはありません。

Comment form