Top > その他(他ゲームとか) > 「Windowsの脆弱性悪用ワームか? 国内で445番ポートスキャンが急増」

2008.11.04

Windowsの脆弱性悪用ワームか? 国内で445番ポートスキャンが急増

 自動ニュースにも拾われてましたが、Windowsの脆弱性を利用したワームの情報です。

 先月、定例では無く緊急パッチの当たったWindows。既にワーム以外にトロイの木馬も発見されてます。
 トロイの木馬は、おなじみのアカウントハッキングウイルスも分類されます。
 最悪、心当たりがまったく無いのにPCに進入されてアカハックされるかも。
 早急にアップデートをしましょう。(MicrosoftUpdateはこちらから)


 Windowsの脆弱性悪用ワームか? 国内で445番ポートスキャンが急増(ITmedia)
Windowsの脆弱性悪用ワームか? 国内で445番ポートスキャンが急増
10月末から445番ポートへのスキャンが急増し、JPCERT/CCが警戒を呼びかけた。
2008年11月04日 19時51分 更新

 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月4日、10月30日深夜から445番ポートへのスキャン行為が急増しているとして注意を呼びかけた。

 JPCERT/CCによると、インターネット定点観測システムで国内および中国からのスキャンが増加している。原因は特定されていないが、Microsoftが「MS08-067」で対処した脆弱性を悪用するワームが、感染拡大を狙ってスキャン行為をしている可能性があるという。

 海外のセキュリティ各社も、11月3日ごろからワームが拡散していると警告を発した。米SANS Internet Storm Centerの分析では、このワームが445番ポート経由で感染を広げて可能性があるとしている。

 JPCERT/CCは、MS08-067が未適用の場合には早期に適用する。ワーム感染の場合には、内部から外部へのTCP445番ポートあてのパケットを制限して二次被害を防ぐように呼びかけている。

 ・MSが臨時のセキュリティパッチ公開、Windows狙いのワーム出現の恐れ
 ・Windowsの脆弱性を悪用するワームが出現、DDoS攻撃のボットを搭載
 ・Windows脆弱性の突くエクスプロイト公開、コード実行のワーム出現の危険迫る

関連記事

Trackback URL


Comments

Windowsの「緊急」脆弱性を突くツール出現、標的を探し出して攻撃 インタフェースは中国語、簡単操作で誰でも攻撃が可能に

Comment form