Top > その他(他ゲームとか) > 「スクウェア・エニックス、『ワンタイムパスワード』導入決定」

2009.03.11

スクウェア・エニックス、『ワンタイムパスワード』導入決定

ファイナルファンタジーXIを運営するスクウェア・エニックスが、
プレイオンライン会員向けに『ワンタイムパスワード』の導入を決定したそうです。
4Gamer
スクウェア・エニックス,プレイオンライン会員向けに「ワンタイムパスワード」導入を決定

 「ファイナルファンタジーXI」などをサービス中のスクウェア・エニックスは,プレイオンライン会員向けに「ワンタイムパスワード」の導入を発表した。

 ワンタイムパスワードとは,希望した会員にランダムで生成したパスワードを発行するサービスで,そのパスワードは1回しか使用できないというもの。次回ログイン時には,また別のパスワードを発行してログインすることになる。
 ワンタイムパスワードの利点は,キーロガータイプのアカウント情報を盗む行為に対して絶大な威力を発揮するところだ。FFXIでも,以前よりアカウントハッキングの被害が多数報告されており,こうしたサービスの要望を見かけることが多かった。そして,ついにスクウェア・エニックスが“動いた”というわけだ。

詳細はリンク先をご参照ですが、販売開始時期や価格については現段階では不明。
セキュリティトークンはキーホルダータイプになるのだとか。

これさえあればアカウントハック対策は完璧、と言うことでも無く、
結局はやはり個々人のセキュリティ意識によるところが大きいお話ではあるのでしょうけどもー…。
FFXIにおいて不正対策を専門に取り扱うあのスペシャルタスクチーム(現在はスペシャルタスクフォースに名称変更)が、
数ある運営会社の先陣を切って更なる一歩を踏み出したという事は間違い無さそう、でしょうかね。

関連記事

Trackback URL


Comments

まぁ、癌には無理だろうねw
垢ハック被害が尋常じゃないんでしょうね。
ROやリネ2だと一応国内にしかユーザーがいないけど、FFは海外ユーザーも対象だからねぇ。
いい加減なセキュリティをダラダラとかけて行くより、
ネットバンクで実績があるトークンを採用する方が長期的に見ても良いと判断したんでしょうね。
企業努力のアピールにもなるしね。

Comment form