Top > Group4 > Heimdal > 「[US2009]3.新サービス情報(再新開発状況)」

2009.03.15

[US2009]3.新サービス情報(再新開発状況)

(参考文献)Online Gamersの画像を引用

機ゥ錙璽襯疋┘スチェンジサービス(WES)
 2つの同一ゲームアカウント内の2つのワールド間のキャラクターを入れ替えるサービスです。
 年数回実施して行いますが、Uldrはゲームシステムが異なるためこのサービスの対象外になります。
☆イメージ
例えば、現在Chaosでプレイしているけどロキに移動したい。

WES 2大(OnlineGamerより)

Chaos、Lokiのキャラクター・Zeny・倉庫のアイテムをすべて入れ替えるので安心して移動することができる。
Chaos、Lokiのいたキャラクターがうっすら残っているのにはワケがあります。

○気になるPoint1

WES 4大(OnlineGamerより)

「交換先ではキャラクターの名前はどうなるんだ?」
⇒交換先のワールドで新たに付けていただく必要がありますが、移住先で使われてなかった場合は、キャラクター名をそのまま使うことができます。
2回目以降のWBSで元のワールドに戻った場合、元のワールドで名乗った名前を引き続き使うことができます。


○気になるPoint2

WES 5大(OnlineGamerより)

「元のワールドで作ったアイテムには自分の名前が入っているし、製造のランキングにも入っている。元のワールドにいる人たちが困るのでは・・・」
⇒キャラクターの名前と製造のランキングは交換前のワールドに全て残ります。これは何を意味しているかというと、製造のランキングポイントはそのまま前のワールドに引き継がれたまま残るので、移動した瞬間にアイテムの効果
がなくなったり、名前入りのアイテムが急に名無しになることはありません。
ただし、WESで持ち込んだアイテムはすべて名無しになります。その際持ち帰った場合も名無しになって戻ってきてしまいます。

○気になるPoint3

WES 6大(OnlineGamerより)

「実はギルドマスターをしているんだがね。交換先に移動するとギルドはどうなるんだね。」
⇒ギルドマスターが移動すると、ギルドは解体された状態になり、砦は無所属状態になりますが、移動先のワールドにギルドレベルやギルドスキルなどを持ち込むことができます。また、キャラクターの名前と同様、交換先でつけなおす必要があります。元のワールドに戻った場合。元のワールドで使用していた名前を名乗ることができます。
「ほほぅ・・・それはいいことを聞いた。」

大がかりなサービスのため、養子縁組や結婚についてはどうなるかについての詳細は控えさせていただきます。

WESの方法は現在のところ特設ページで内容を確認のうえ、特設ページから申し込みをする(3000ガンホーコイン)という方式になるかと思います。
サービス開始は2009年春を予定しています。


供ズ膿靴粒発状況
○kROについて
3-1次職の開発が3月末で終了する見込みになっています。
(メカニックetc)
ルーンナイト、ギロチンクロスのグラフィックや名前など気になる点も多いと思います。
ギロチンクロス略すとよくない呼称になってしまう(チンクロ)とか、PT募集の時に漢字1文字で表す時(朕)にも問題があるかと思います。
こういった問題に関しては日本実装時に考えなくてはいけないと運営では認識しています。
ウォーロックのスキルモーションが物議をかもし出していますが、(\(^o^)/ な感じ)

ウォーロック

3次職の実相にあたりROのゲームシステムに拡張性をくわえなければなりません。

アイテムの効果
公式の計算式なども変更されます。

楽しみを生み出すシステムとして順次開発している状況です。
USに来た人はきになってますがサクライRで実装されている内容について知りたい人も多いと思います。
経験値のレベル差による取得の差があったり、ASPDが減少したりするのは、ROのゲームシステムに拡張性を持たせたいということもありますが、
現状のGravityのテストサーバーが完璧だとは思っていません。
3月25日に新たに修正された、リニューアルテストが実施される予定だそうです。
もちろんこのまま実装することはありませんし、場合によってはリニューアルの企画自体が大きく変わることもあります。

これらの仕様変更を伴う部分についてはガンホーとGravityについては共同開発させていただくということをJROユーザとお約束させていただきます。

JROユーザーの意見を踏まえて日本チームの方から意向を伝えていこうと思いますがその方法として、
・アンケートを取る
・実際にkROのサクライRに入ってもらう。
・日本でテストサーバーの開設を行い多くの方にプレイしていただき、感想をうかがう
ことを検討しております。

関連記事

Trackback URL


Comments

コメントはありません。

Comment form