Top > 温故知新 > 「あれから3年、相互理解の隔たりは埋まったかな?」

2009.07.05

あれから3年、相互理解の隔たりは埋まったかな?

 2006年6月 まだラグナロクが荒れていた3年前、運営に対する抗議デモと時を同じくして要望書を送りました。

 「ラグナロクオンラインの運営における利用者からの抗議及び改善要望書」という、とっても堅そうな名前のもの。
 
 当時の抗議・改善要望点はこんな感じでした。

・ゲームアカウントハッキングに対する対策及び被害者の救済、補償
・不正ツール利用者に対する継続的な調査並びに処分及び処分内訳の公表
・自動操作ソフト(通称:BOT)を利用不可能にする抜本的な対策
・ゲーム内利用者からの通報、連絡に対する24時間の即時対応体制
・ゲーム内通貨の現金取引の監視及び告訴も辞さない厳しい対応
・個々の利用者の問い合わせ内容に応じた貴社窓口の個別対応

 今読み返すと、当時は運営に対する不信感が凄かったのだなと懐かしく思います。私は発送側した中の人の一人でしたので。
Chaosデモ画像
     2006年5月のChaosデモ

 不正対策とユーザー救済ばかりという点が、3年前の荒れ具合を伺わせます。
 今ならきっと、サクライRや3次職の要望ばかりですね。皮肉ではなく、ゲーム内容の要望が出来るのは幸せなこと。
 不正対策は普通にゲームを楽しむ上での第一歩ですから。

 要望書に対しては、当時のカスタマーサポート本部長、広田さんより返答を頂いてます。
 「ラグナロクオンラインの運営における利用者からの抗議及び改善要望書について」という、そのままの返答です。

 その中に書かれている「運営とユーザーの相互理解の隔たり」という問題。
 隔たりはあるものの、「ラグナロクオンラインを良くしていきたいという想いは同じ」と書かれています。

 あれから3年、運営とユーザーの相互理解の隔たりは埋まったでしょうか。
 当時を知る皆さんはどう思いますか? 私はそうですね……
 
 個々に不満はあるでしょうし、ユーザーと運営の間にある溝が完全に埋まることはないと思ってます。
 だからこそ、こんな記事を時々書いたりしています。歪んだファンサイトならではのお仕事ですね。

 要望書提出から3年間、現状はこんな感じです。
 ・BOTを見かけることがほぼ無くなりました。(たまに復活しますけど)
 ・アカウントハッキング被害者への補償も、手続き上数ヶ月は要するものの実施されています。
 ・リアルマネートレード(RMT)も、BOTが撲滅したこともありROに関しては低水準で推移しています。
 ・ヘルプデスクの対応も、電話窓口こそ無くなりましたが改善されたと感じています。
 ・ユーザーと運営の対決の場であったオフラインミーティングもユーザーシンポジウムへと変化しました。

 3年前に抱えていた相互理解の隔たりは大分解消され、互いの距離は幾分近くなったのではないでしょうか。
 絶讃しても良いのですが、私か書くと叩かれそうなのでこの辺で。


 回答文の中から重要な部分を抜粋します。
 抗議及び改善要望点としてご指摘いただいている諸点につきましては、現時点ですぐに実行をお約束できるものではございませんが、貴殿をはじめ他のユーザー様からもご指摘いただいている「弊社とユーザー様との間に生じている相互理解の隔たり」の問題も内包していると思いますので、弊社の取り組みや考え方を可能な限り積極的にラグナロクオンライン公式サイトにて開示すると共に、不正者対策においては、結果を出していくことでご判断していただくしか方法はないと考えております。

 我々のラグナロクオンラインを良くしていきたいという想いは同じでございますので、今後は我々共通の課題として解決していくために、お気付きの点がございましたら、遠慮なくおっしゃっていただければと思います。

 あえてこの時期にこの記事? と思われる方もいると思います。

 2002年に行なわれた「サクライのあれ」の署名活動に始まり、2008年夏のBOT撲滅迄、約6年間必要としました。
 その間、オフミ、署名運動、抗議運動、ゲーム内デモなどユーザーによる様々な取り組みが行なわれてきました。

 BOTがいないROが実現出来たのは、ユーザーが「BOTは許さない」とあきらめずに頑張り続けたのも大きな理由。
 ROのユーザーは、他のゲームユーザーと比較しBOTに極めて厳しい視点を持っています。これは貴重な財産です。

 そんなBOTが嫌いなユーザーにとって万が一の事態、BOTが大量に復活したときはどうするか。
 そんなときは、気がついた人が過去からの経緯を上手く利用しつつ、運営と戦って欲しいと思っています。

 そのためにも、定期的に現在BOTがいなくなるに至った経緯を残して行かなければと思い定期的に書いてます。
 次に立って下さる方が少しでも楽なように、今から準備をして置ければと思ってます。


 あ、そうそう。
 ROを良くするための意見は遠慮無く言って欲しいという事なので、RAGU等で遠慮無く言うことにしています。
 皆さんも、どんどんヘルプデスクに送ってあげて下さい。応援のメッセージを送ると大喜びらしいです。
 相互理解を深めるには対話からですからね。

関連記事

Trackback URL


Comments

コメントはありません。

Comment form