Top > RO全般 > 「『MIRACLE PLANT』、5つの鉢植えに命を吹き込んでみた。」

2009.08.10

『MIRACLE PLANT』、5つの鉢植えに命を吹き込んでみた。

博士のお願い
無料ワールド『Skuld』オープン1周年を記念して実施中の期間限定イベント、
MIRACLE PLANT 〜砂の大地に育つモノ〜』、皆さんはもう覗いてみましたか?
8月25日(火)10:00にて終了してしまうイベントなので、気になってる方はお早めに。


そんなわけでワタクシSerena.も挑戦してみることにしました。

基本、攻略情報等は一切見ずの体当たりプレイ。
己の勘と経験(?)のみを頼りに、数種類ずつ用意されている肥料や水の組み合わせ等々を考えながら、
砂漠の環境でも耐えられる植物の実現を目指してデータを採集していきます。

まず最初に緑化研究所のフィトン博士から植物のタネを拝借。
実が収穫できるようになるまで『緑化畑』で育て、収穫した実は後世のために『肥沃な土』へ。
収穫を終えた植物は『緑化園』に持っていき、さらに成熟させてタネを取り出し、
以降はそのタネを『緑化畑』に持ち込んで育てて………というパターンを計画。

博士から託された5つの鉢植えと砂漠緑地化の志を胸に、いざ、奇跡の植物の実現を!
 
 
ミラクルなプラント

なんかキノコばっかり生えてくるんですけど。


や、まぁ、キノコ(菌類)も植物研究には大切なことではありましょうが、
まさかこうまで砂漠を赤々と染め上げる結果になるとは少々予想外。

一体どこからキノコ栽培業者の道に入ってしまったのか皆目見当が付かず、
3連続でキノコが生えてきた時にはさすがにマズイと思い育成スタイルの大幅変更を画策、
4LVまで上がった『肥沃な土』を投入して全力を尽くしてみたモノの、
結局生えてきたのは勇者になったキノコでした。嗚呼。


5つの鉢植えがいっぱいになったので、一区切りということで(鉢植えの植物を研究所に譲れば継続育成可能)
勇者キノコの実は『肥沃な土』にはせずアイテムとして収穫することにしてみました。

獲得できたアイテムは、
栄養剤の材料である赤・青・黄・緑各種のカケラを5個ずつと、(フラグアイテム。特別転送にも使用可)
バーサークポーション3個、
アロエベラ2個、
食用キノコ150個。

…砂漠で食用キノコが採れるようになれば、世界の食糧問題解決に繋がるかも?
とかなんとか都合良く解釈してはみたモノの、
なんだか当初の目的とだいぶ離れてしまったような気がしなくもない研究結果となってしまいました。


さてさて皆さんの植木鉢には、一体どんなミラクルプラントが…?

関連記事

Trackback URL


Comments

今日の面手からPFCでエネルギー照射できるようになるらしいです
どうなるのか楽しみですね
ネタバレになるので詳しくは伏せますが
最初に提示された計画パターンの時点でキノコ栽培業者ルート確定です・・・w

Comment form