Top > その他(他ゲームとか) > 「「CESA Developers Conference 2009」 スクエニ『RMT業者との共存はあり得ない』」

2009.09.04

「CESA Developers Conference 2009」 スクエニ『RMT業者との共存はあり得ない』

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)による、
ゲーム開発者やゲーム業界への就職を希望する学生を対象にした
日本最大規模のゲームカンファレンス、「CESA Developers Conference」。(2000年より毎年開催)

2009年の今年も、9月1日〜3日の3日間に渡り開催。
名だたるゲーム開発者や教授クラスの面々が一堂に会しました。


その中でもスクウェア・エニックスによるオンラインゲーム関連のセッションは定番中の定番だそうで、
今年はFFXIの不正対策特化チーム、『スペシャルタスクフォース』の活動の実態や
RMT(リアルマネートレード)業者の実態とそれに対する運営スタンス等が語られたそうです。
GAME Watch
「FF XI」運営チームがスペシャルタスクフォースの最新動向を報告
Sundi氏「彼らは犯罪者、客ですらない」、日々深刻化する不正アクセス問題にメーカーとユーザーはどう対応すべきか


■ 8年目を迎えた「ファイナルファンタジー XI」のグローバル運営、その要諦とは!?
■ 単純チートの時代から、不正カード利用対策まで! STFの活動のすべて
■ 「FF XIV」の到来を見据え、スクウェア・エニックスはRMT業者とどう向き合っていくのか?


ワタクシはRO一筋ゆえ、不正対策状況とその結果含めたFFXIの現状等は残念ながら把握できておりませんが、
スクエニのようないわゆる大手企業が
『RMT業者との共存はあり得ない』
とバッサリ切り捨てる様は、素直に応援したくなるところ。
 
 最後にSundi氏は、「RMT業者との共存はありえない」と言い切り、臭いものに蓋もありえず、徹底的に排除するしかないと、RMT業者の根絶やしを推奨。最近は不正はIPアドレス情報やPC端末情報、クレジットカード情報などに関する横の連携の重要度が増しており、今後は、運営会社同士の横の連携や情報共有も重要とした。このことをスクウェア・エニックスの担当者が提唱したことは大きな意味がある。呼びかけに終わらず、ぜひ具体的な形に結びつけていって欲しいものだ。

…運営会社同士の横の連携や情報共有が重要、といったお話は、
数年前からガンホーさんもゲームメディアやオフミ等で度々公言していた記憶…。

しかしながら日本のオンラインゲーム業界は、いまだに多くのRMT業者が居座り続けている形。
幸い、ROはガンホーさんの頑張りもあってそのほとんどが取扱い停止となり、現在に至りますがー…。
業界全体を見る限りでは、まだまだ道は険しそう、といったところでしょうか。

各運営会社への呼びかけだけに終わらぬ『具体的な形』とやら、是非とも見てみたいモノです。

関連記事

Trackback URL


Comments

スクエニはメディアへの露出がうまいね
>彼らは犯罪者、客ですらない

この様な考え方だったらアサシンギルド事件で業者に屈服する事は無かったし、
BOTを隔離したユーザーは軽い措置にされたんじゃないか?

そういえばトークン式のワンタイムパスワードについてどうなったかねぇ・・・
Sundi氏って、この人以前に違法サイト運営で逮捕されて今は弁当もちの身分だよな
長くてスマソ

インターネットを利用した商取引をめぐり、国税当局が申告漏れを指摘する事例が急増している。
近畿ではここ数年で件数が3倍近くに急増し、総額も100億円に迫る勢い。
多くは小遣い稼ぎのつもりで申告を忘れたとみられるが、中にはゲームのアイテムを現実の通貨で
売却して所得隠しを指摘されたケースも。
大阪国税局では「ネットは気軽に利用できるが、税務申告はきちんとしてほしい」と話している。

大阪国税局が、平成19年度(平成19年7月〜20年6月)に管轄する近畿2府4県で行った
税務調査の結果、ネット取引をめぐっては全体の9割強にあたる約640件で申告漏れを発見、
総額は約93億円にのぼった。

ネット取引に関する申告漏れは近年急激に増加しており、統計をとり始めた15年度から17年度までは
200件台で推移していたのが、18年度に400件を超えている。

事案でみると、インターネット上のオンラインゲームで使用するアイテムを実際の現金で売買する
近畿のRMT(リアルマネートレーディング)業者の申告漏れが見つかった。
ゲーム内の通貨やアイテムは仮想のものだが、現実の通貨で売買して利益を得ていれば当然、
税務申告の対象に入ってくる。

記事
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/298407/
FFXIの不正対策特化チームが自分達の無能さを棚にあげているだけの記事かとおもた

このような発言を無条件に鵜呑みする人はいないと思うけど、もしいたらワロスw
措置数ではなくて、ゲーム内で見かける数が大切です。

鵜呑みにはしないとおもいますよ。
みんな良くしってますので。。。。

Comment form