Top > RO全般 > 「ウィルスバスター誤検出か?」

2009.10.04

ウィルスバスター誤検出か?

ウィルスバスターの誤作動でROが立ち上がらないという話がちらほら
うちもバスターなんですけど問題なく動いててあれ?とおもってたら
うちは↓の設定済みでした。
物凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ Lv206

233 名前:(○口○*)さん[sage]
投稿日:09/10/04(日) 20:55 ID:rr3VBbAa0

OS:WinXP
セキュリティソフト:ウィルスバスタ2009の環境でやってますが、↑の報告例の症状でました。
Ragexe.exeがトロイとしてブロックされてました。
そこで例外設定を適用したら、プレイできるようになりました。
不要かとも思われますが、手順を一応。

1、VB2009メイン画面開く
2、「ウィルス/スパイウェア対策」画面から、ウィルス/スパイウェアの監視を見る。
3、設定をクリック
4、リアルタイム検索の詳細→詳細設定を開く
5、特定のファイル/フォルダを検索対象から除外(選択)をクリック
6、各自インストール先の、「ragexe.exe」を指定する

上記で取り合えずゲームはできました。
何かの参考になれば幸いです。
もしくは2010にアップデートで問題は解決するようです。

関連記事

Trackback URL


Comments

ウイルスバスターの誤認識であると公式発表がありましたが、本現象が発生しているユーザーは、対応方法を個人でトレンドマイクロ社に問い合わせてくださいってのはどうなんだろう。

トレンドマイクロ社に問い合わせしたんだったら、対応方法を聞いて公式に乗せればいい話なのに・・・。
あくまでウィルスバスター側の不具合なので
責任の所在をはっきりさせることと
個人によってPCの環境が大きく変わることから
この情報をだすだけに留めるのがいいという判断だと思います。
誤検出ではあるんだけど、そういうコードが混じってることは事実ナわけで、そういうコードをきれいさっぱり消しといてほしいわけです。
ragexe.exeが潔白ならトレンドマイクロにねじ込むべきだろうけどねw

2009の検索エンジンと最新パターンの相性でもあるんだろうけど、期限有効なら2010に無償アップすれば良いだけなので、そのくらいは対策として公式告知するのが商売ってモノかと。
nProtectがルートキット的な動作をしているのは事実なので、トレンドマイクロ側が対応することによって、本当のウィルス(ワーム)が検出されない穴が出来てしまう事の方が心配です。
2010でも環境次第では誤認識が起こるようです。
うちの環境では09でポップアップ無しのまま起動せず、除外設定をしたらOKでした。
でも10にバージョンアップしたらキッチリRagexe.exeからTROJ_Generic.DITを検出。

今日、手動パッチを当てると解消するとかLiveRO板のエラースレに書き込みがありました。
http://gemma.mmobbs.com/test/read.cgi/ragnarok/1249788077/567

他に09からバージョンアップする時の注意点としては
2009にあったキー入力暗号化ツールがまだ実装されていません。
ロースペックでもそこそこ体感できるぐらいには起動や検索のスピードは上がったみたいです。

Comment form