Top > その他(他ゲームとか) > 「ウィルスの猛威 ご注意ください。」

2010.01.08

ウィルスの猛威 ご注意ください。

大手公式HPなどが次々と不正アクセスにより改ざんされている昨今
注意しろといわれても注意しようがありません。自分のPCは自分で守りましょう
PCにインストールされている各種ソフトが最新版なら、
改ざんされたサイトを閲覧しても有害サイトには誘導されない

これが今現在最も有効な防御方法です。

とはいっても、それは現段階では有効かもしれないけどいつ何時崩されてしまうかわからないです。
常に情報にアンテナを張ってください。

…といっていた矢先に
Amebaのブログパーツ「ノートン警察」閲覧者にトロイの木馬感染のおそれ ITmedia

「Ameba」のセキュリティ啓発キャンペーン「ノートン警察」で配布していたブログパーツが不正アクセスで改ざんされ、閲覧したユーザーがトロイの木馬型ウイルスに感染した恐れがある。

(中略)

 感染の恐れがあるのは、2009年12月26日〜10年1月6日に同ブログパーツを閲覧したユーザー。
設置されていたブログ数やブログパーツの閲覧数、ウイルスの挙動などは「調査中」としている。

先日 有名人のブログパスワードなどの流出で話題に上がったアメブロで、
セキュリティを呼びかけるためのブログパーツにウィルスが仕込まれるという恐れが?!

その他にも大手の公式サイトなどがガンブラーウィルスに汚染
有害サイトへ転送というコンボもあるので猛威はおさまる気配がない

っていうか
少しでも引っかかる人がいればこの手の犯罪は収まるわけがないのです。
 
 
 
新型ウイルス「ガンブラー」、
ホンダ、ラジオ関西など4社HP感染
パスワード漏えいの恐れ


 大手自動車メーカーなど3社のインターネットサイトが昨年末、何者かに改ざんされ、同じ新型コンピューターウイルスを埋め込まれていたことが分かった。閲覧するだけで別の不正サイトに移動し、そのパソコンが感染する恐れのある「ガンブラー」というウイルスで、すでに発表されているJR東日本のサイト改ざんと同型。サイト閲覧者は4社合わせて延べ約6万6000人に上り、独立行政法人「情報処理推進機構」は「感染すると情報漏えいの恐れもある」と注意を呼びかけている。
ガンブラー:被害急増 有害サイトに誘導の新種ウイルス
 改ざんされた企業や個人のウェブサイトを閲覧した利用者のパソコンが、有害サイトに誘導され、ウイルスや不正プログラムを埋め込まれてしまう「ガンブラー」と呼ばれる新種のコンピューターウイルス被害が多発している。ウイルス対策会社によると、国内で約3500件以上のサイトが被害を受けているとみられ、独立行政法人「情報処理推進機構」は注意を呼びかけている。

関連記事

Trackback URL


Comments

結花ちゃんあのね。
某RMT業者のサイトもhp改ざんされてトロイしこまれたんだってw

本当に改ざんなのかはわかんないけどねw

利用者がそのサイトに行ったらノートン先生が怒ったってんだってww
その話は聞きましたw

改ざんされたんでしょうかねw
大手のHPがやられるってことはやろうと思えば
どこでもできるって感じなんでしょうかね
言葉は悪いかもしれませんが
RMTするような人がハックウィルスにやられるっていうのは
ざまぁ って感じですねwww

Comment form