Top > RO全般 > 「『新しいタイプのイベント』はGvGならぬGvM? 期間限定イベントの噂」

2011.08.12

『新しいタイプのイベント』はGvGならぬGvM? 期間限定イベントの噂

 
現在RO公式にて実施中の連日生放送企画、
SummerNightCarnival.TV』をご覧の方であればすでにご存知のお話かと思いますが、
来週8月16日(火)より期間限定で、『新しいルールの協力型攻略イベント』が始まるそうで。
RO公式ブログ 2011年08月12日17:24
パワーがもりもり流れてきたあとは……!



そういえば、8月16日には
いままでになかった新しいタイプのイベント
が始まるそうです。
生放送が見られなかった方のために少し情報を書いておくと……。

・モンスターがギルドマスターを努めるギルドが謎の砦を占領!



・謎の砦はBaseLv別に3種類! 期間中の水曜と土曜21:30
に出現!



・攻城戦と異なり、戦闘不能になっても退場にならない



などなど、新しいルールの協力型攻略イベントが始まる予定だとか。


ざっと見た感じ、GvGならぬGvM(モンスター)といったところでしょうか?
 
 
…少々個人的なお話をしますと、過去より『対人戦闘』系コンテンツを凄まじく苦手とするワタクシ、
大昔に『攻城戦』(GvG)がROに実装された当時も、『これがGvMだったなら…』と肩を落としていたモノ。
そんな事もありましてこの新イベントの噂、個人的には相応に期待を寄せるところです。

惜しむらくは、これが永久実装コンテンツではなく期間限定イベントであること、そして、
今現在のROは『リニューアル絡みの、ゲームバランス含む諸問題』に揺れている真っ最中ということ。

BOT地獄とまで言われたROからほとんどのBOTが消え去ったあたりから『リニューアル』されるまでの間に、
今回のようなイベントが企画・実施されていたならば、ただただイベント実施日を心待ちにできたでしょうが、
現状況ではどうにも、『3次職スキル調整テスト』(3次職スキル以外の調整が目立ちますが)がどうなるか、
またそのテスト結果からROはどうなっていくのか、という方に気を取られてしまうところです。


『面白いか否か』というのは、『ゲーム』として見た場合、相応にウェイトを占める要素。
しかしそれよりももっと大切な要素として、『安心して遊べるか否か』がまず存在すると考えます。

RO以外でのお話になりますが、ガンホー運営のオンラインゲーム『エミル・クロニクル・オンライン』では
新規実装内容がユーザーニーズに合わず、多くの反発を受けた結果として、実装内容を修正・撤廃する
という状況になっており、ゲームメディアからも『安心して遊べる世界に』と題する記事を書かれる始末。
GAME Watch 2011年 8月 11日
ガンホー、「ECO」“ドミニオン世界”を大幅リニューアル
PvPやデスペナルティを撤廃し、安心して遊べる世界に

ECOのこの騒動に関しては、調べれば調べるほどに妙なお話がちらほら。
ECOというゲームに関心の無い方でも、軽く調べてみると話のタネになるかも知れませんがそれはさておき。


…『安心して遊べるか否か』。
人が『遊ぶ』上でとても大切な要素であり、そしてそれは、例えばオンラインゲームであるならば、
上記の通りそのゲームの開発会社や運営会社の思惑1つで如何様にでも状況が転がってしまう部分。

であるにも関わらず、ROでのリニューアル云々やECOでの一悶着を見るに、
どうにもガンホーさんは『迷走』している感が否めません。

ECOプレイヤーではないワタクシが言うのも何ですが、『ハートフルオンラインRPG』を掲げるゲーム(ECO)に
殺伐とした世界観や無差別PvP』といった実装内容・システムを導入しようとする辺り、
一般素人には到底及ばぬ思考を持った人材がガンホー社内部には存在すると見るところ。

それが良いか悪いかはまた別のお話、ですが。

関連記事

Trackback URL


Comments

ECOとか、いまだ残ってたことに驚き。
08年のPvパッチ実装から3年も掛かってシステム撤廃とか、何がやりたかったのやら・・・w

ECOで修正に3年じゃ、ROならR仕様修正に何年掛かるのかな。
ぶっちゃけこんなイベントなんてやってないでさっさとテストして修正しろって思うが。
和製英語のハートフルの意味は・・・
[ heart ful ]
「心から」とか「心のこもった」とか「心暖かく」

癌呆の提示したハートフルの意味は
[ hurt ful ]
「(肉体的・精神的に)苦痛を与える」

言葉を勘違いしたユーザーが悪いんだという癌呆からの教えですね

Comment form