Top > その他(他ゲームとか) > 「『コンプガチャ』は景表法違反、消費者庁が正式見解発表」

2012.05.21

『コンプガチャ』は景表法違反、消費者庁が正式見解発表

 
少々記事化が遅れましたが、ここ最近各所で話題となっていた『コンプガチャ』騒動のその後のお話。

2012年5月18日、消費者庁は、いわゆる『コンプガチャ』(コンプリートガチャ)が
景品表示法で規制されている『カードあわせ』(絵あわせ)に相当する、と正式に見解を発表しました。
消費者庁ホームページ 平成24年 5月18日
「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表 及び 景品表示法の運用基準の改正に関するパブリックコメントについて [PDF:153KB]

早い話が、法律と照らし合わせてみたらコンプガチャは違法だったので今後は罰則の対象とする、
とのことだそうですが、消費者庁側がこれまで具体的な判断基準を示していなかったということもあり、
処分の実施は、7月1日以降コンプガチャに該当するサービスを展開する企業があった場合にのみ。
それ以前に各企業がコンプガチャで上げた収益等々については、消費者庁側は関与しない模様です。

コンプガチャ以外の絵合わせ要素が含まれるガチャ全般も規制の対象となりそうですが、
通常の『ガチャ』の類においては今のところ違法性は見られないとのこと。
今回の見解発表がゲーム業界の進む先にどう影響していくか、今後の動向が注目されます。


既にソーシャルゲーム業界大手を中心にコンプガチャ自主撤退の動きが広がっていますが、
その多くは5月いっぱいまで同サービス内容を続行としており、現時点では、
違法サービスながらもそれらに対するお咎めは一切無しという不思議な状況となっています。

記者としては他人様のお金の使い道をとやかく言うつもりはありませんが、
明確に違法と表明されたモノに喜んでお金を注ぎ込むというのもどうかと思いますので、
今現在もコンプガチャの類に嵌っている方は少し考えてみても良いかも知れません。

関連記事

Trackback URL


Comments

海外企業が日本ゲーム業界のレベル低下を指さして笑うわけだ
今までこんな違法ソーシャルゲーム(笑)の存在をヨシとしてたんだからね
日ゲー企業は猛省しろ、ちゃんとゲームと呼べるもん作ってけ
巻き上げた金も返さなくていいって事?
やったもん勝ちだな、素晴らしすぎるわ日本
違法が確定したのに、コンプガチャやってたソーシャルゲーのテレビCM普通に放送されてるんですよね・・・。
ひっでぇ話・・・。
7月までの分は実質お咎めなしだわな
コンプガチャが潰されたならまたグレーな商法を編み出せば良いわけで
そりゃ詐欺企業も無くならんわw
まぁくじ系での当選確率を弄り捲くるんだろうねぇw
紫青プレ玉とただくじはすでにゴミ箱化完了してるから、課金くじでしか手に入らないアイテムを増やしていくんだろうねぇ。

Comment form