Top > RO全般 > 「『異世界ツアーズ』と『モンスター召還アイテム』暫定解除処置スタート、一部スキルに修正と不具合」

2013.10.29

『異世界ツアーズ』と『モンスター召還アイテム』暫定解除処置スタート、一部スキルに修正と不具合

異世界ツアーズ
 
本日10月29日(火)は定期メンテナンス日でございました、配布されたパッチほか告知は以下の通り。
本日より『コスチュームミッション2013 10月』第4弾がスタート、今週の衣装化対象は『天使の羽耳』。
ほか、期間限定イベント『異世界ツアーズ』実施や『古木の枝』等のモンスター召還アイテム暫定解除、
一部スキルの挙動や不具合に修正が入ると同時に新たな不具合が発生等々、詳細は公式告知をご参照。
RO公式 2013/10/29
10月29日パッチ内容について 
10月29日定期メンテナンス以降に発生している不具合について【更新】
異世界に挑戦するあなたを応援!「異世界ツアーズ」 
「DimensionDiver 3rd」新モンスターのデータを公開! 
「英雄の痕跡」アップデート第1弾 2013年11月12日(火)実装決定! 
【ダブルゲストでスタジオが熱気に包まれる!】ニコニコ生放送公式番組「えふくまようこの週刊らぐとも!」毎週月曜日20:00から放映中!【更新】
高いポテンシャルを秘めた新装備をつかめ!「ラグ缶2013 November」 2013年10月25日(金)より期間限定発売!【更新】


使用制限開始から2年、とうとう暫定解除が始まった『古木の枝』ほかモンスター召還アイテムですが、
専用マップでのみ使用可能、という暫定ルール以外にどうやらアイテムの仕様にも変更が入ったらしく、
再使用待機時間、いわゆるクールタイム(5秒)が設定された様子。
こちらの仕様変更も暫定的なモノなのか、それとも永久的なモノなのかは、今のところ見えてきません。

古木の枝


記者個人としては、プチレアとしての収入源、身内との遊び道具、他人様の大量召還による突発的な
襲撃・討伐イベント(という解釈)等々、『古木の枝』の存在には随分お世話になっていましたので、
暫定的とはいえ使用制限が解除される運びとなるのは、純粋に嬉しく思うところ。

ただ、制限解除が始まるまでに時間が掛かりすぎているのは、やはりかなりのマイナスポイント。
今回の暫定ルールを構築するのに丸2年もの時間が本当に必要だったのか、多分に疑惑は残ります。
このルール内容ならば、せめて使用制限開始から1年以内には何とかできなかったのでしょうかね?
…『』という単位で考えること自体、少しアレな気がしないでもないのですけども。

本日分の実装内容以外では、2013年11月12日(火)に『英雄の痕跡』がアップデート予定というお話も。
昨今のエピソード○○系アップデートと同様これも『異世界クエスト』のクリアが必要となっているらしく、
それもあっての期間限定イベント『異世界ツアーズ』実施とのこと。最早この流れは恒例となっていますね。
そもそも『DimensionDiver』シリーズ自体、経験値をエサとした異世界導線確保策の一環なのかも知れませんが。

関連記事

Trackback URL


Comments

コメントはありません。

Comment form