Top > RO全般 > 「フリープレイタイム『RAGホーダイ』終了に伴い、『モンスターハウス』レベル制限緩和期間も終了」

2014.05.08

フリープレイタイム『RAGホーダイ』終了に伴い、『モンスターハウス』レベル制限緩和期間も終了

 
5月7日(水)は振り替えメンテナンス日でございました、配布されたパッチほか告知は以下の通り。

ゴールデンウィークも終わりということで、期間限定フリープレイタイム『RAGホーダイ』が終了。
該当期間中、より多くの方に楽しんでいただけるようにとして実施された『モンスターハウス』の
レベル制限』緩和施策もこれにて終了、以降はまた丁度いいレベル以外の方は参加不可となります。

また、メモリアルダンジョンシリーズ『英雄の痕跡』第3弾として、『ゲフェン魔法大会』の実装が
2014年5月20日(火)に決定したとするお話も出ましたが、詳細は5月13日(火)に発表予定とのこと。
RO公式 2014/05/07
5月7日パッチ内容について 
「英雄の痕跡」第3弾「ゲフェン魔法大会」2014年5月20日(火)実装決定! 
「コスたまPartners」キュートな相棒づくしのコスたま登場! 
デジタルアクセサリに壁紙を追加しました 

RO公式ブログ 2014年05月07日18:00
殴っても魔法大会
 

GW期間中、レベル制限が大幅に緩和されつつ、臨時開催日まで設けられたモンスターハウス。
それまで、レベルが低すぎても高すぎても参加不可という参加制限により遊べなかった記者も、
期間中4回存在した開催日のうち、ようやく1度だけ参加することができました。
 
 
記者は難易度『中級』エリアの1つに参加してみたのですが、終了1分前に辛くも攻略という結果に。
その日以外の開催日は色々と都合がつかず参加できなかっただけに、大変良い思い出となりました。

5月3日MHログ.JPG


…それはそれで良いのですが、こうなるとやはり思うところがあるのはレベル制限の存在。
これまで度々記事にしていますが、記者のメインキャラはレベルが高いことで参加条件から外れるため、
以降モンスターハウスで遊ぶには、メインキャラを諦める等々、自ら制限を課さなければなりません。

ある参加者の方曰く、レベル制限有りの通常開催時では、中級エリアは大体7階層目までがいいところ、
行けて8階層がせいぜいらしく、今回はクリアできても、レベル制限緩和が終われば厳しいだろうとのこと。
たしかに5月7日分の攻略具合を見る限り、レベル制限緩和前の状況に戻ったという印象です。(Mimirのお話)

5月7日MHログ.JPG


モンスターハウスの本サーバー実装から今日に至るまでを見てきましたが、記者としてはやはり、
永久実装された1つのコンテンツとしては『勿体ない』という印象がかなり強いというのが本音。
大昔の攻城戦実装時より、攻城戦のような対人戦闘ではない、同規模の協力型コンテンツの存在を
切望していた記者ゆえというところも勿論ありましょうが、それ以上に未完成な部分が目立つ感です。

そんな中にあって、上記スクリーンショットの結果ログにもある通り、ほとんどのエリアが使われぬまま、
もしくは、参加者の多いエリアの人数制限(120人)にあぶれた人は何もできぬまま終わるという状況は、
コンテンツの面白さ以前の問題として、遊ばせ方にかなりの難があるように記者は考えます。

こんな状況では、『未使用エリアの存在はサーバーに負担掛かるだけだからいらない』という声が
出てきてしまうのも致し方ないことだと思われますが、今回のレベル制限一時解除と、それによる
プレイヤーの動向は、RO運営チームにはどのように見えていたのか、非常に気になるところ。

以降これといって何の動きも無いままに『上級』エリアが実装、当然のようにレベル制限が設けられ、
またそこでも『参加者の分散』が発生してしまうのであれば、先行きは芳しくないと予想しますがー…。


単純な話、職業やレベル値のみで参加可能な難易度を切り分けてプレイヤーを選別・分散してしまうよりも、
職業レベル値によらずどの難易度に対しても自由に参加は可能、ただし報酬は難易度に見合ったモノに、
とした方がよっぽど盛り上がりやすいと思うのですが、流石にそれは単純なお話過ぎるのでしょうかね。

ん、まぁ、ガンホー・RO運営チームの方々はプロとして綿密な調整ができる腕があると自負されてますし、
記者のような素人プレイヤーの考えではきっとダメなのでしょうけども。

関連記事

Trackback URL


Comments

癌のことだし、いずれ課金アイテムでレベル制限解除チケットとか売り出すんじゃないのw

Comment form