Top > RO全般 > 「期間限定ぷちイベント開催ほか、『モンスターハウス』の期間限定レベル制限緩和実施ほか諸々」

2014.05.27

期間限定ぷちイベント開催ほか、『モンスターハウス』の期間限定レベル制限緩和実施ほか諸々

大自然の中で動物と遊ぼう!ぷちイベント「海だ!山だ!異世界だ!」

本日5月27日(火)は定期メンテナンス日でございました、配布されたパッチほか告知は以下の通り。
本日より『コスチュームミッション2014 5月』第3弾がスタート、今週の衣装化対象は『亡者のヘアバンド』。
ほか、期間限定モノとして、ぷちイベント開催、オフラインイベント関連の特典適用や限定ダンジョン実装、
モンスターハウス』では、『上級』コースが実装されるまで参加レベル制限が緩和されるといったお話も。
RO公式 2014/05/27
5月27日パッチ内容について 
スペシャルダンジョンで確認している不具合について 
大自然の中で動物と遊ぼう!ぷちイベント「海だ!山だ!異世界だ!」 
「セイレン=ウィンザー(MVP)カード」など抽選で合計100名様に当たる!「BitCash協賛キャンペーン」 
「ラグ缶2014 June」は対動物形モンスターに焦点が当たったラインナップで2014年5月28日(水)より発売開始! 
[ガンホーフェスティバル2014]ワールド特典とスペシャルダンジョンの情報を公開いたしました。
 
RO公式ブログ 2014年05月27日19:45
ぷちイベントも遊んでね!
 

モンスターハウスの期間限定レベル制限緩和は、今月初めのゴールデンウィーク期間中にも実施済み。
記者もその期間中Mimirサーバーにて参加していましたが、単純な攻略進行度からして通常時との差は歴然、
レベル制限緩和期間終了後は、通常時そのままの参加者数と攻略具合に戻ってしまったと記憶しています。

そうした上での、今夏に上級コースが実装されるまで、という条件のもと実施となるレベル制限の緩和。
短期間に緩和施策が連続実施されるということは、その必要に迫られる状況にあるということなのでしょう。

オンラインゲームの寿命的な意味で考えても、1人でも多くのプレイヤーを確保し続けたい今のROにおいて、
せっかくの新規コンテンツが、そのルールからして遊べるプレイヤーを選別するようなシステムとあっては、
このような緩和施策に走らざるを得ない状況になってしまうのも、当然と言えば当然のような気もします。

仮に、ROの人気コンテンツの1つである攻城戦(通常版)に、ルールとして参加可能人数が設定され、
レベル値のみを参照して入場できる砦に制限が掛かったモノとして最初に実装されていたとしたら…、
と考えてみれば、現行のモンスターハウスが盛り上がり切れない理由もハッキリしてくると記者は見ます。

こうなると、記者個人としては率直な気持ちとして、『上級コースなんて永遠に未実装だったらいいのに』、
という考えに行き着いてしまうのですが、やはり上級実装時には制限緩和は解除されてしまうのでしょうかね。

単純な例として、現在初級・中級コースに参加しているプレイヤーさんの中には、上級コースが実装されれば
高レベルキャラクターに切り替えてそちらに流れる、という方が一定程度存在しているハズですから、
そうなれば既存コースの参加者数はその分だけ減少、活気がさらに分散することは想像に難くありません。

短期間でのレベル制限緩和実施を鑑みれば、RO運営チームがその辺をまったく考えていないということは
恐らく無いとは思いますが、さて、上級コースはいったいどのような仕様で実装されるのでしょうかね。

記者としては、可能な限り多くのプレイヤーが楽しめるような方向性で進めてほしいモノですがー…?

関連記事

Trackback URL


Comments

コメントはありません。

Comment form