<< アサシンギルド事件2周年 ユーザー運動一区切り・RO再出発式の結果 | main | 2008月05日18日のニュース(自動処理) >>

2008.05.18

RO再出発式に参戦、同窓会モードで閉幕

※すたっふにて登録アカウントの移行を行いました。

久々の記事作成に加えてID/PASSをド忘れしてしまった為に、
汎用アカウントで更新しているThorの某幽霊派遣員です。(何

さて、昨日20時より開催されていたアサシンギルド事件2周年 ユーザー運動一区切り・RO再出発式のレポートですが…
タイトル通り、同窓会モードで行われました。RO再出発式
流石に「さようなら、ラグナロクオンライン」イベントの際の様に大量に集まる事は無いだろうと言う予測はしてましたが、
Lydiaのお話会の常連メンバー+連盟で活動していたメンバー数名に加えて開催記事を見て来られたユーザーや
最近復帰されたユーザー等、参加者数は20人を超える事は有りませんでした。

話の話題は次回オフミ会場の予想からユーザー連盟活動時の懐かしい思い出話から始まり、
連盟解散に至った本当の理由、イベント当日にBOTが復活した等話題も多岐に渡り、
記事として具体的な内容を書けと言われそうですが、何せ文章力が乏しいので書けないのが本音です。
内容を有る程度でも公開しないと『「自分達の活動の結果、BOTが減ったんだ」
と自慢話でもしてたんだろ』と言われかねませんが。


会話の具体的内容に関しては書きませんが、変わりに此処から先はこの文章を書いている
記者視点の意見/感想を書かせて貰います。
先ずBOTが減った件に関してですが、「連盟で活動していた人間だけで結果を出した」とは考えていません。
最後まで諦めずに「BOT利用に対して『NO!』」を突き付けて来たユーザー全体の勝利だと考えています。
無論、運営側も不正対策に本腰を入れた為に結果的に減少したのも事実です。
今後もRMTやチート等、まだまだ問題は山積みで有り解決し無ければならない問題はまだ残っています。
そんな状態で再出発式を行うのは連盟解散と一緒では無いかと言う声も上がっていそうですが、
今後の問題は運営だけでは無く、プレイしている各ユーザー達も立ち上がらないと解決出来ない部分も有ります。
ほんの少しで良いから、「ROに存在する問題に対して目を向ける」だけでも構いません。
今後もこのROを続けていくユーザー一人一人が問題から目を逸らさない事が、運営から見れば最大の脅威となります。

こんな事を書くと「何を偉そうな事を言っている」と取る方も少なからず居るでしょうが、
「そのタイトルでプレイしている人間が行動をしなければ、外部の人間が協力しようが意味は無い」と言う事を
何人の人が気付いているのでしょうか?
かつて仮想橋や不買運動等の運動に参加していたものの、途中から袂を分けた方が居ます。
今は某所のコメント欄に現れては愚痴っている様ですが…。

分かり易い様にゲームタイトルを国家、改善活動を復興活動と例えます。
「諸外国から復興支援隊が来て復興に力を貸し、形だけ復興したとしても
最終的にその土地に住む人間が行動を起こさない限り、本当に復興したとは言えない」で有り、
発展途上国における海外支援協力に例えるなら「幾ら海外から知識や技術力を提供しても、
その国に住む人間が知識・技術を吸収しなければ意味が無い」と言う事です。
自分は今後ROを続けていくかどうかはまだ決めていませんが、何時かは引退する日が来るとは思っています。
引退理由が「平和になったROが惜しまれながらサービス終了」と言う形で終われる事を切に願い、
本記事の締めとさせて頂きます。
長々と駄文を書き連ねましたが、最後まで読んでくださった方に深謝すると共に、この先のROに光有らん事を。

Trackback URL


Comments

すっかり行くの忘れた・・・_no
守り過ぎると地味だけど
サイト運営なんかにも使えるね
RO活動もチラシの裏の落書きならただの落書きのまま
RAGUの面々はそれわかっていて
次のステップが視野にありそうだ
これからも頑張って下さいね^^
おつかれさま
「それが仕様であるか否?!」って討論はよく目にするし含蓄なら誰でも好きかと思う
法律、慣習、規約、マナー、ローカルルール、俺ルール…etc.
一応守らなくちゃならないものからそうでないのまで色々
企業をはかる物差しにコンプライアンスという言葉がある
あれ?反映されない
文字数超過かなw

Comment form