<< 運営会社より届いた、要望書に対する回答書について(署名運動) | main | 管理及び保存の移管について >>

2007.02.03 Saturday


「ラグナロクオンラインユーザー連盟」の解散について

【本記事は、平成18年12月19日23:59に公開済みのものです】
 はじめに、今まで当サイトの活動を一番ご支援下さったBOTNEWS様。閉鎖されてしまいましたがCHAOS-BOT情報局を初めとされるユーザー活動系サイト管理人の皆様。一番最初に相互リンクのご許可を下さったOWN RAGNAROKを始め各ユーザーファンサイト管理人の皆様。そして、私たちの活動にご協力下さいました皆様、本当にどうもありがとうございました。

 今回の解散については、「連盟が目指したラグナロクオンラインは失われた」との発表をすでに行っております。理由については「老いも若きも、富める者も貧しき者も、ある意味公平なそのルールの中で楽しむことが可能」であったラグナロクオンラインは失われ、それに伴い連盟が目的としていた「より良いラグナロクオンライン」についても、もはや手に入れることが不可能になったと以前説明させて頂きました。

 そして、「さようならラグナロクオンライン」イベントを開催するために説明することが出来なかった、もう一点大きな理由が存在します。それは、「ユーザーと運営会社の適度な緊張感の持続により、消費者であるユーザーの意見を運営会社に伝え、その実現を目指す。」という活動方針にも書かれている点についての問題です。

 第5回ガンホーオフラインミーティングの中で、堀取締役より次のような発言がありました。
 堀取締役:「Gravityさんも課金システム、アイテム課金といった部分に関して一段落されたというお話がもうすぐ聞けると思います。そこが聞けた場合には、次はBOT対策ですねというお約束もさせて頂いてます。」
 参加者よりの「順番としてはアイテムよりBOT対策が先じゃないですか。」「順番がおかしいのではないですか。」との声に対しては、次のような回答をしています。
 堀取締役:「これはワールドワイドでのお話なので、我々の方としてオーダーしている部分だけではなく、Gravityさんとしてはワールドワイドでアイテム課金をやると、いうところで、そちらの部分・・・・・・。」

 「我々のラグナロクオンラインを良くしていきたいという思いは同じ」「運営会社とユーザーとの間にある相互理解の隔たりについては問題がある」と、6月22日に広田カスタマーサポート本部長より回答があってから半年。本当に、ユーザーと一緒にラグナロクオンラインを良くしていきたいと思ってきたのか。残念ながら、堀取締役の発言からその意思を感じ取ることは出来ませんでした。

 不正ツール問題は、βテスト時代より非常に長い期間、最も多くのユーザーが望んでいるラグナロクオンラインの改善点です。まず、何よりも最初に行うべきである不正ツール対策よりも、アイテム販売制の導入を優先し、不正ツール対策はその次といった対応。さらには、過去よりのユーザーの要望であった、アカウントハッキングに対する補償やゲームマスターへのゲーム内通報システム(GMコール)等についても理由を付けて実施しない。
 このような状況下で発せられた堀取締役の発言を聞き、連盟はこれ以上の活動は無意味であると判断しました。

 もはや、連盟が何を訴えても、ラグナロクオンラインを良くしていきたいという思いは、運営会社には伝わらない。これが、解散理由のもう一つです。

 オンラインゲームは、ユーザー自らが作っていくものです。
 残念ながら「運営会社の考える、より良いラグナロクオンライン」と「多くのユーザーが考える、より良いラグナロクオンライン」は方向性が違うかもしれません。これから先、不正対策やその他の問題が進展するのか、それは私の口からは申し上げられません。
 
 「強さの先には、一体何があるのか」これは、代表である私が昔の仲間に良く言っていた台詞です。
 レベルを上げること、強さを求めること、他人と比較することが全てでは無い。
 仮想世界の住人という役割を演じること。見知らぬ誰かと知り合うこと。新しい仲間を作ること。気心の知れた仲間と馬鹿をすること。そういった楽しみ方こそが、実はラグナロクオンラインの魅力、そしてMMOの魅力なのではないかと思っています。

 連盟の活動としては、残念ながら最後の「さようなら、ラグナロクオンライン」イベントでしか、上記のような「ラグナロクオンラインの魅力を再発見」するイベントを開催することが出来ませんでした。もしかすると、運営会社とのやり取りを行っているうちに、最も大事なことを忘れてしまっていたのかもしれません。このことについては、連盟の過ちであったと思い反省をしています。

 ゲーム内環境については、ユーザーの手で改善可能な部分は多々残されていると思います。活動を継続される方、これから新たに活動をされる方、そしてあえて活動をしない方。様々な方がいらっしゃると思いますが、それぞれ皆さんが望むゲーム環境が得られる事を心より願っております。

平成18年12月19日 ラグナロクオンラインユーザー連盟一同 代表さくっち