カウンター

2006.08.11 Friday


公開質問状への回答及びアンケート結果の手渡しについて文書発送への回答

 8月4日に発送しました文章について、8月10日に回答書が届きました。今までの経過はこちらにまとめてあります。(回答書本文(PDF))

主な内容については、次のとおりです。

  • アンケート結果の手渡しについては、ユーザーへの公平な対応を行うため拒否する。
  • 7月26日付けで届いた、押印の無い配達証明郵便については、ガンホーより発送したもの。
  • 原則、消費者向けの文章には押印をしない。「代わりに公的な証明である「配達証明郵便」で発送」
  • 担当者名は、本文中に記載(カスタマーサポート本部長?)、連絡先はコールセンター。


 先ず、社会人の常識ですが「配達証明郵便」は「配達したことの証明」であって「内容の証明」ではありません。よって、今日現在まで「ガンホー社として公式に回答は一切行っていない」ことになります。押印文書、若しくは内容証明等社としての回答では無く「担当者が独断で作成したかもしれない文書」を回答として受け入れることは出来ません。

 アンケート結果については、予想されていたとはいえ残念です。これについては、手渡しオフの開催も念頭にいれて、発送すべきか赴くべきかの検討を行います。

 また、今回の誠意無い回答を受け、当初は行う予定で無かった訴訟も踏まえた活動も検討していきます。
こちらの方にご協力いただけます方は、代表までメールをお願いします。

2006.08.04 Friday


公開質問状への回答及びアンケート結果の手渡しについて文書発送

 7月21日に発送した公開質問状に対し未だ何の連絡も無いため、本日回答をお願いする文書を発送しました。
 7月28日に代表宅に届いた真偽不明の文書につきましても、本文中で触れています。(真偽不明の文書はこちら・PDF)

 また、8月6日に締切る「ラグナロクオンラインの運営について」のアンケートについて、運営会社に伺い 手渡しを行いたい旨お願いしています。議論を行うわけではないので、是非受けて貰いたいものですが・・・・・・

今回発送した文章はこちらになります。  今までの経過はこちら

2006.07.21 Friday


不正アクセスに対する公開質問状の提出

 7/20に発表された、『ガンホー元社員による「不正アクセス」及び「RMT」事件』に対しユーザーの視点から、現在発表の行われていない、ラグナロクオンライン内の事項について、7月21日に配達証明付き内容証明郵便にて代表・副代表2名・加盟員5名連名の公開質問状を発送しました。

発送文章はこちら→(公開質問状内容証明郵便)

詳細はこちら

1999.01.01 Friday


公開質問状について

8/11 公開質問状への回答及びアンケート結果の手渡しについて文書発送への回答



 8月4日に発送しました文章について、8月10日に回答書が届きました。(内容はこちら(PDF))

主な内容については、次のとおりです。

  • アンケート結果の手渡しについては、ユーザーへの公平な対応を行うため拒否する。

  • 7月26日付けで届いた、押印の無い配達証明郵便については、ガンホーより発送したもの。

  • 原則、消費者向けの文章には押印をしない。「代わりに公的な証明である「配達証明郵便」で発送」

  • 担当者名は、本文中に記載(カスタマーサポート本部長?)、連絡先はコールセンター。




 先ず、社会人の常識ですが「配達証明郵便」は「配達したことの証明」であって「内容の証明」ではありません。よって、今日現在まで「ガンホー社として公式に回答は一切行っていない」ことになります。押印文書、若しくは内容証明等社としての回答では無く「担当者が独断で作成したかもしれない文書」を回答として受け入れることは出来ません。

 アンケート結果については、予想されていたとはいえ残念です。これについては、手渡しオフの開催も念頭にいれて、発送すべきか赴くべきかの検討を行います。

 また、今回の誠意無い回答を受け、当初は行う予定で無かった訴訟も踏まえた活動も検討していきます。こちらの方にご協力いただけます方は、代表までメールをお願いします。

8月4日 公開質問状への回答及びアンケート結果の手渡しについて文書発送


 7月21日に発送した公開質問状に対し未だ何の連絡も無いため、本日回答をお願いする文書を発送しました。
 7月28日に代表宅に届いた真偽不明の文書につきましても、本文中で触れています。(真偽不明の文書はこちら・PDF)

 また、8月6日に締切る「ラグナロクオンラインの運営について」のアンケートについて、運営会社に伺い
手渡しを行いたい旨お願いしています。議論を行うわけではないので、是非受けて貰いたいものですが・・・・・・

今回発送した文章はこちらになります。

7月28日に到着した配達証明郵便について


到着した内容証明郵便について、連盟でその後検討を行った結果、次の結論に達しました。


上場企業が消費者が発送した内容証明郵便に対し、社としての回答では無く、担当者が無断で作成したかの様な社印及び担当部署・連絡先の無い文章を発送することは、常識的に考えてありえない。よって、この配達証明郵便は連盟のサイトを見て発送を行った、愉快犯等の可能性も十分に考えられる。

以上の点から、ガンホー・オンライン・エンターテイメント社よりの文章であるとは判断できず、差出人不明の文書として取り扱うこととしました。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント社と思われる会社よりの配達証明郵便


7/28に、ガンホー・オンライン・エンターテイメント社と思われる会社様より、公開質問状の回答が配達証明郵便により届きました。代表取締役印が押されている物では無く、連絡先・担当者名も無いため、文章の真偽は不明です。

公開質問状は内容証明郵便によるものであり、真偽の不明な今回の郵便物については、ガンホー・オンライン・エンターテイメント社より回答とは判断しかねるため、未だ回答は行われていないとの見解です。内容について公開を行いたいところではありますが、当連盟のサイトを見た愉快犯の可能性等様々な可能性が考えられることから、公開は差し控えさせて頂きます。

なお、この件についてはコールセンターに確認しました。代表の名前を出し、内容証明郵便を送った旨を相手に伝え、本日貴社と思われる郵便物が届いたが、その真偽について不明な点を述べ、関係部署へ取り次ぐことをお願いしました。コールセンター担当者は、社の回答として、ガンホーコールセンターは料金・IDについての窓口であり、他の部署への取り次ぎは一切行えない。との回答でした。会社としての回答となる旨を再三再四確認しましたが、そのような回答でありました。(コールセンターの担当者名は伺ってますし、公開についても確認していますが、連盟として公開しません)

発送した文章


 

クリックすると拡大されます
(原稿PDF郵便物配達証明書)

なぜ発送?


7月21日に[ガンホー元社員による「不正アクセス」及び「RMT」事件]が発覚しました。これは、ガンホー社に在職中だった元職員(26歳 男性)が、上司のアカウントを不正に利用し、「ラグナロクオンライン」ゲーム内仮想通貨(Zeny)を大量に作成し、それをリアルマネートレード(RMT=ゲーム内仮想通貨であるZenyを現金で売買する)業者に販売したものです。

ガンホー社の公式発表では、「ラグナロクオンライン」を利用している利用者に対して、あまりにも説明が不足していることから、公開質問状という形で配達証明付き内容証明郵便を発送しました。この発送には、代表・副代表を筆頭に計8名が住所及び氏名を公開し質問を行っています。

消費者契約法って何?


今回は、消費者契約法第三条に基づいて質問を行っています。

(事業者及び消費者の努力) 第三条
事業者は、消費者契約の条項を定めるに当たっては、消費者の権利義務その他の消費者契約の内容が消費者にとって明確かつ平易なものになるよう配慮するとともに、消費者契約の締結について勧誘をするに際しては、消費者の理解を深めるために、消費者の権利義務その他の消費者契約の内容についての必要な情報を提供するよう努めなければならない。

分かりにくいですが、単純に言いますと「説明責任」というものです。これに基づいて、必要な情報を出して下さいとお願いしています。ただし、事業者(ガンホー社)の回答を強制するものではありません。

何を質問していますか


連盟は、具体的には次の6項目について質問をしています。質問の本文は、画像を見てください。ここには、要約したものを書きます。


  • 1:ゲーム内に流出した、Zenyの総額と各サーバーごとのZenyの額の内訳。

  • 2:Zenyが流出していた期間、最初に流出を確認した日時。これをゲーム全体と各サーバーごとの内訳。

  • 3:流出したZenyに対する、運営会社の今後の対応。

  • 4:Zenyの買取を行ったRMT業者に対しては、ガンホー社としてはどの様に今後対応するのか。

  • 5:在職中の社員が起こした今回の事件に対し、ユーザーに対しどの様に補償・謝罪をするのか。

  • 6:上の5つの回答が調査中で出来ない場合は、その理由と回答できる具体的な日時を教えて下さい。



※上記6項目の記載は、ゲーム利用者向けの解説です。

今回の質問について、連盟の考え


今回の公開質問状は、ガンホー社による発表では「ラグナロクオンライン」利用者に対する今後の対応や、ユーザーが知りたい事項について一切発表が無かったために、急遽行うことにしました。

流出額やその対応を知ることにより、今後利用者がゲームを続けていくかどうかを判断する材料となります。ゲーム内への影響も含め、最低限利用者として公表を行って欲しい事項に絞りました。他にも様々な質問事項を考えたのですが、今回は消費者契約法という法に基づいて質問を行っている為、質問内容を余り広範囲にする事は適当で無いと判断しました。

今回の質問内容が全てとは連盟は考えていません。また、今後も今回の「ガンホー元社員による「不正アクセス」及び「RMT」事件」については、引き続き質問を行っていこうと考えています。追求内容が甘い等のご意見も聞こえてきますが、その辺については、趣旨をご理解して頂ければ幸いです。